加古川で痛みのない施術で肩こり腰痛を改善致します!

おおにし整体院


ぎっくり腰でお困りの方

kansetsutsuu_koshi.pngある日突然、激しい腰痛に襲われる事があります。

それで病院を受診すると"急性腰痛症"や"腰椎捻挫"と診断名をつけられますが、それは要するに【ぎっくり腰】の事なのです。

荷物を持ち上げようとした時や、急に腰をひねった瞬間に強烈な痛みに襲われたりします。
また、足元の物を拾うために腰を曲げた時、中腰でクシャミやセキをした時、朝起きて顔を洗おうと腰を曲げた時、長く座ったあと立ち上がろうとした時に襲われたりもします。

これらの動作でよくギックリ腰が起こるのでそういう体勢を避けたりしますが、それらの動作は【原因】ではなく【誘因】なのです。
つまり、今までの疲労の蓄積があり、ちょっとした動作がきっかけとなりギックリ腰が起こるのです。

ぎっくり腰になったら

①安静

ぎっくり腰になるとあらゆる動作が辛くなります。
まずは楽な姿勢をみつけ安静にしてください。

②冷却

ぎっくり腰になってすぐは患部に強い炎症があります。
痛みの強い部分を冷やしてください。

③急性期が過ぎれば体を動かす

3日程安静にしていれば、炎症も治まり鋭い痛みがひいてきます。
鋭い痛みがなくなってくれば少しずつ体を動かしていきましょう。

※禁忌事項

ぎっくり腰になった直後の急性期はとにかく安静が大切です。
揉んだり、ストレッチしたり、無理に動かす事は症状を悪化させたり回復を遅らせる原因になります。

早く回復させるために

ぎっくり腰になった時、身体を動かすのが辛い時はご自宅でゆっくりと休んでください。
痛みがある状態でも動けるようでしたらお電話ください。
早い段階での調整が回復を早めます。

当院での施術

s_7534.JPGぎっくり腰では腰に強い痛みがでておりますが、痛みの原因は腰ではなく腹部の筋肉にある事がほとんどです。
 炎症のある腰に触れず、腹部の筋肉を緩めることで症状を緩和させることができます。
腹部の筋肉が緩和すれば、くの時に曲がって起こせなかった体を真っすぐに起こす事ができるくらい楽になります。
炎症による痛みが残りますが、回復は早くなります。

ホームページ上の予約状況に空きがでていなくても、ぜひ一度お電話ください。
できる限り対応させていただきます。
状況により対応ができない場合もございます。予めご了承ください。


まずはお気軽にご相談ください。

おおにし整体院のご案内

住      所:
〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口290
アクセス:
JR加古川駅より徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
080-4235-5752
受付時間:
10:00~19:30
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ