加古川で痛みのない施術で肩こり腰痛を改善致します!

おおにし整体院


肩こり・肩の痛み

肩こりは肩の筋肉が緊張することが原因で起こります。

肩こりを引き起こす筋肉は、僧帽筋・肩甲挙筋・棘上筋・棘下筋などです。

筋肉が緊張する2つの原因

1.筋肉を動かすことによる緊張

筋肉は筋力以上に繰り返し動かすことで筋肉内の酸素が不足し、代わりに乳酸という物質が発生します。その乳酸が筋肉の細胞内に滞ってしまうことで、筋肉内の酸素が不足し痛みとして感じます。いわゆる筋肉痛という状態です。

2.肩の筋肉に負担が続き慢性的な肩こりになる場合

肩こりでお悩みの方で1番多いのがこちらのタイプです。

肩こりの方の多くは背中が丸くなり、腕が前に落ちたような姿勢になっています。
さらに頭が前に倒れてしまっています。

そうなると、頭や腕の重みが肩の筋肉にかかってきます。

そうして肩の筋肉に負担をかけ続けることで筋肉が緊張し続け、慢性的な肩こりができてしまいます。

買い物に行って、重たい荷物を持ち続けると腕がパンパンになってしまいますよね?
あれと同じような事ですが、荷物下せば腕は楽になります。

肩こりの場合はそういう訳にはいかないので、姿勢習慣の見直しも必要となってきます。

肩こりをほぐすためにやってはいけないこと

揉む

いわゆるマッサージです。

筋肉を揉むことで筋繊維を傷つけ炎症が起きてしまいます。これが"揉み返し"です。そして更に筋肉が緊張し、また痛みのある場所を強く押さえるようになるのでさらに緊張していきます。

叩く

長い時間、肩たたきを続けると、緊張した筋肉は反発を起こし、更に緊張してしまいます。

ストレッチ

運動をした後など使って緊張した筋肉は伸ばすことで軟らかくなりますが、ただ凝っている場合や痛みのある筋肉をグイグイとストレッチすると痛めてしまうことが多いので注意が必要です。

腕を上げることのできない肩の痛み 37歳 女性

d90fb35b72ba8bdbf37e2c90be485528_s.jpg
数日前より腕を上げる事もできなく、夜も眠れない程に痛みが強い状態でまず整形外科を受診。

病院ではレントゲンを撮っても原因がわからず、湿布と痛み止めの薬をもらって終了。

痛みをおさえるために、シップを貼り続けていました。

痛みがひかないため、当院へ来られました。

まずは問診、その後、可動域検査と筋力検査。

腕には力が入らず、身体のバランスも悪い状態でした。

調整箇所は、肩ではなく腰。

腰の調整を2分程おこなうだけで、上がらなかった腕は耳の横まで痛みもなく上がるようになりました。

まだ少し痛みが残るものの、1回目の施術は終了。

2回目来院時、痛みはほとんど感じない状態でふとした時に痛みがでるとのこと。

腰周りの緊張していた筋肉を調整で2回目終了。

3回目来院時には、もう痛みがでていない状態。

簡単なエクササイズをお伝えし、姿勢のアドバイスをさせていただきました。

肩の痛みでも原因がそこにない場合もよくあります。

肩の痛みなどでお悩みの方は是非1度ご相談ください。

お待ちしております。

※施術効果には個人差があります。

おおにし整体院のご案内

住      所:
〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口290
アクセス:
JR加古川駅より徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
080-4235-5752
受付時間:
10:00~19:30
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ